登米市社会福祉協議会のホームページへようこそ!|宮城県登米市|社会福祉|地域福祉|ボランティア活動|高齢者福祉サービス

 
 

生活支援体制整備事業「モデル活動指定事業」

生活支援体制整備事業「モデル活動指定事業」
 
モデル活動指定事業
 登米市社会福祉協議会では、高齢になっても元気に活躍できる地域づくりと、支え合い活動の充実・強化を図ることを目的として、モデル活動(地区)を指定し、その活動費の一部を助成します。
 地域の課題解決に取組もうと計画している皆さん、是非ご応募下さい。
(ただし、助成は1町域1つの団体とさせていただきます。申請内容を審査し、その後助成決定となりますことご了承下さい。)
   
要項 ( 2017-06-21 ・ 38KB )
 
申請書 ( 2017-06-21 ・ 63KB )
 
 

H26福祉ニーズ調査

H26福祉ニーズ調査
 
H26福祉ニーズ調査
登米市社会福祉協議会では、基本理念の「一人ひとりの力を合わせ、みんなの幸せのために」の実現を目指し、地域福祉活動計画を基に事業展開しております。今後、計画的により良い事業への見直しを図るため、継続的に行う基本調査と時宜応じた課題調査を実施し事業へ反映出来るように本調査を行いました。
 

生活復興支援資金

生活復興支援資金
 

東日本大震災により被災した低所得世帯に当面の生活に必要となる経費等の貸付を行うことにより、復興を支援するための資金を設けました。

ご相談・お申し込みはお住まいの地域の社会福祉協議会になります。

詳細につきましては社協各支所までお問い合わせください。
※受付時間 各支所は月曜日〜金曜日(平日)8:30〜17:15まで
      
【貸付対象被災世帯】
(1)「り災証明書」、「被災証明書(証明書の使用目的に高速道路無料通行が理由になっている場合は不可)」を発行されている世帯
(2)震災前まで生計を維持していた低所得世帯、または震災により低所得世帯になった世帯
        ( 月 収 )
  ・1人世帯…139,000円
  ・2人世帯…215,000円
  ・3人世帯…292,000円
  ・4人世帯…350,000円
  ・5人世帯…398,000円
(3)宮城県内に住居を有する世帯。もしくは今後県内で生活復興に向けた取り組みを行う世帯

 

 
                   
     
   
   

社会福祉法人
登米市社会福祉協議会

〒987-0513
宮城県登米市迫町北方字大洞
45番地3(迫老人福祉センター内)
TEL.0220-21-6310
FAX.0220-21-6320
──────────────
1.社会福祉事業
2.地域福祉事業
3.介護福祉事業
4.障害者福祉事業
──────────────

 
qrcode.png
http://www.tome-shakyo.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
207888
<<社会福祉法人 登米市社会福祉協議会>> 〒987-0513 宮城県登米市迫町北方字大洞45番地3(迫老人福祉センター内) TEL:0220-21-6310 FAX:0220-21-6320