本文へ移動

更新情報!!!!

とめし社協だより第60号を発行しました
2020-03-26
新型コロナウイルス感染症に伴う緊急小口資金貸付等にかかる一部新聞報道について
2020-03-26
注目重要
3月26日付けの河北新報朝刊の記事について、一部事実と異なっているところがありますので、お間違えの無いようにお願いします。
 
「現金給付の受付窓口を社協で行う」との記事がありますが、厚生労働省生活福祉資金担当課に確認したところ、「報道されている内容について、現時点では全く把握していない」との回答を得ました。
 
現状では、「貸付窓口」として行っておりますので、報道されている内容については事実ではないことになります。
 
 
令和2年度 花と緑のふれあいトーク中止のお知らせ
2020-03-25
重要
この度の、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、5月24日(日)に予定しておりました「花と緑のふれあいトーク」を中止とさせていただきます。
新型コロナウイルス感染症の影響による一時的な緊急貸付について
2020-03-25
重要
この度の、新型コロナウイルス感染症の影響により、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付を行います。
 
休業された方、失業された方によって資金種類が異なりますので、別紙チラシをご覧ください。
 
申請受付は3月25日(水)~7月末(予定)、9時~17時の間、社協各支所または本部にて申請できます。
 
◎申請時に必要なもの
 ・本人が確認できる書類等  ・減収等を確認できる書類(※1)  ・世帯全員が記載された本籍地のある住民票(省略無しのもの)  ・預金通帳  ・預金通帳印(口座振替依頼書に押印します)
 (※1 例えば、2月給与と3月給与が記載されている通帳、雇用保険喪失確認通知書等)
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う個人向け緊急貸付金について
2020-03-18
重要
新型コロナウイルス感染症拡大に伴い宮城県社会福祉協議会では、収入の減少や失業等により日常生活の維持が困難な世帯向けに下記貸付金制度を設置しました。
申込受付は3月25日(水)~7月末まで(予定)となっておりますので、該当の場合は最寄りの社協各支所、社協本部までご相談ください。
 
1)生活福祉資金(緊急小口資金)の貸付
 
 ◆対象となる方
  新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
 ◆貸付上限額 10万円以内(学校等の休業等の特例20万円以内)
 ◆利率 無利子(連帯保証人不要)
 ◆返済期間 2年以内(据置期間は貸付後1年以内)
 
2)総合支援資金(生活支援費)
 ◆対象となる方
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により、生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
 ◆貸付上限額 月20万円以内(世帯員2人以上)
        月15万円以内(単身世帯)
 ◆利率 無利子(連帯保証人不要)
        ※生活困窮者自立相談支援事業所への相談が必要です。
         (登米市自立支援相談支援センター そ・えーる登米 0220-23-8610)
 ◆返済期間 10年以内(据置期間は1年以内)
 
 
≪宮城県社会福祉協議会ホームページ≫
 
生活支援体制整備事業アップしました!「おたがいさま(第10号)」発行
2020-03-17
オススメNEW
【新型コロナウイルス関係】感染防止策の発表(登米市)
2020-03-16
重要
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、登米市感染症対策本部会議において、不特定多数が集まる会議や研修、イベント等を自粛する旨、報道発表がありました。
 
そのことから、公共施設(公民館、福祉センター等)で行われる会議や研修、イベント等は当面の間(3月24日まで3月31日まで)自粛となりました。
 
住民の皆様のご理解をお願いいたします。
【新型コロナウイルス関係】イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージについて(厚生労働省発信)
2020-02-21
重要
現在、日本のみならず世界中で猛威をふるっている「新型コロナウイルス」について、厚生労働省よりメッセージが届きましたので、皆様へお知らせいたします。
 
なお、今日現在宮城県ないし登米市内においては感染者がゼロですが、予防に越したことはないので、十分に気を付けましょう。
 
【新型コロナウイルスに関する予防策】
厚生労働省メッセージ(R2.2.20)
  • (2020-02-21・58KB)
見知らぬ募金箱を持った不審者に注意!
2019-12-20
重要
石越町において、不審な人が目撃されております。
住民からの情報によると「ここ最近、青い車が渋川区のあたりを走っており、 よく見かけるので不審に思っている。」「男性が若石大橋の付近に立って渋川区の方を見て観察しているようだ。しばらく立ったままで見ているので散歩とは考えにくい。」「ある男性の自宅にスーツに募金箱とネームプレートを下げた男性が来て、募金を求められた。不審な相手に、男性は、根掘り葉掘り聞いてみたり、ネームプレートを見せてくれと話しても、小さく印字されたもので見えにくく、見せようとしなかった。しばらく質問をし続けていると、そそくさと帰ってしまった。」
とのことでした。
皆様においては、ご家族、親類、ご近所等へ注意喚起していただき、不審だと思われる場合は、話にのらないようにしましょう。もしそのような場合があった際には、社協本部までご一報ください。
県社協を名乗る不審電話に注意!
2019-12-09
重要
12月6日(金)、20時少し前に、『県社会福祉協議会』を名乗る怪しい電話が本会職員の自宅宛てにあったようです。
内容は、1人暮らしの方や高齢者世帯に困っていることはないかのアンケートの電話をしていると言う内容だったそうです。
偶然にも本会の職員だったため、根掘り葉掘り(夜に?電話で?市社協から何も聞いていないよ。などなど)問いただした所、相手は最初は適当に答えて居たそうですが、しまいにはガッチャリ切られたそうです。
県社協へ確認したところ、もちろんそのような電話はしていないし、することもありません!とのことでした。
皆様においては、ご家族、親類、ご近所等へ注意喚起していただき、不審だと思われる場合は、話にのらないようにしましょう。もし不審電話があった際には、社協本部までご一報ください。
社会福祉法人
登米市社会福祉協議会
〒987-0513
宮城県登米市迫町北方字大洞45番地3(迫老人福祉センター内)
TEL.0220-21-6310
FAX.0220-21-6320

1.社会福祉事業
2.地域福祉事業
3.介護福祉事業
4.障害者福祉事業

 
TOPへ戻る